読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

muppi’s diary

appleTVやHULUで見た映画や海外ドラマのあらすじや感想を紹介しています。

【ネタバレ中】ウェントワース女子刑務所 シーズン3 #2 行き詰まり

f:id:muppi:20160513000203j:plain

提供:umezy12

毎週火曜に新エピソードが追加されるHuluの「ウェントワース女子刑務所」。

「行き詰まり」タイトル通り、終始重苦しい雰囲気が漂う回でした。

 2話「行き詰まり」まとめ

  • ビーはファーガソン看守長と取引をし、麻薬の密輸を廃止することに力を貸す
  • ビーは麻薬のタレコミをする。フランキーの新しい彼女は連行される(フランキーへの警告)
  • ビーはリズを傷つけたということでブーマーを罰し、囚人達に自分の権力を思い知らせる

2話「行き詰まり」詳細

ファーガソンとビーは順調、麻薬撤廃に向けて

今回はビーの女王様っぷりもさることながら、フランキーとブーマー、リズと娘というふたつの関係性も今後が気になる描かれ方をしていました。

順を追っていくと、

ビーはファーガソン看守長と和解します。ふたりとも刑務所の秩序が目標であるのは一緒だったので、タッグを組めば強いのは確かでしょうね。このふたりの関係性は今後わりと穏やかなのではないかと想像させる描かれ方をしています。

とりあえずは麻薬の撤廃をとビーも意思を固めます。麻薬は人間をダメにするけれども、このドラマではそれよりも、麻薬を流通させる人間こそに力が集まってしまうことを心配しているようにもむっぴーには見えるのですが……。

追い詰められるフランキー

フランキーは1話めで鶏肉に麻薬を隠す方法で密輸をしますが、1話の騒ぎで鶏肉が腐り、処分させられてしまいます。麻薬をせがむほかの囚人達に前払いさせることで次の麻薬を手に入れますが、それもビーのタレコミで、新しい彼女(そういえばシーズン2までの彼女好きだったんですが出所したようです)は麻薬所持で連行されてしまいます。

「お互い手を出さない約束だった」

とビーがひとりの時を狙うフランキーだったが、ビーは

「だからあなたは無事だった」

と平気な顔。

フランキーは2回も麻薬をなくし、取引相手のシンディを敵に回します。

それでもブーマーは「守ってやる」とフランキーを元気づけます。他に味方はおらず、フランキーの転落っぷりが悲しすぎる! フランキーは仮出所が近いので、このままドラマからもフェードアウトするのかもしれない。

で、1話、2話ともにブーマーめっちゃいい味出してますが、1話でボコられたリズはといえば……。

腐ってます。

「ウェントワース刑務所」は、あまり他のドラマと違って(たとえばゴシップガールとかw)シーズンを追うごとにクズになっていく人間模様……みたいなのは見えないんですが、リズはシーズン2までは母性あるキャラクターとして描かれていました。

が、その役は妊娠した黒人のドリーンに移動したとみていいでしょう。

リズはもともとアル中で起こした事故で入所しているので、クズ役には適しているかもしれませんが、いつも皆を親身に心配していた女性がグズグズしているのを見ると悲しいぞ。

というわけでリズは出所中、復讐の巻き添えにされたとビーを責めます。子どもに会えないのもビーのせいだと。しかし、そんな時に娘が面会を申請。リズはブーマーにぼこられた顔じゃ会えないと一時は拒否しようとしますが、勇気を出して面談。

2話「行き詰まり」見どころその1 リズの切ない親子関係

f:id:muppi:20160513002822j:plain

提供:Steve-©-foto (改変 gatag.net)

 

そのカメラワークが秀逸で、娘の背後には仲の良さそうな親子が映っている。リズの目からもその幸せな家庭の姿が見えたはず。これがリズの失ったものであり、もう2度と彼女の手には戻らないものの象徴なのです……。

見どころその2 ジャックス化するビー

さて、ビーは麻薬撤廃に向け大きく動き出します。

皆を洗濯室に集め、自分に従わないと罰すると宣言するんです。

今までビーがたたえられたり英雄扱いすることは多くあっても、自らボスとして振る舞うことはなかったのではないでしょうか。

ここは大きな動きです。

そしてビーはリズを傷つけるなと命じたにもかかわらず、リズをぼこったブーマーをスチームプレスします。

見覚えのある方も多いでしょう……そう、シーズン1でジャックスがビーにマウンティングするためにした行為でしたよね!?

もうこれこそがビーの運命を示唆しているようにも見えました。すなわちビーは遠からずジャックス化し、多大な反感を買い、最後誰かに刺されて死ぬのではないかという結末です……。

ブーマーは多勢に無勢で両手をプレスさせられちゃいます。その間もずっとフランキーに助けを求めていたのに、フランキーはすぐに「助けられない」と判断してしまいます。

思うにフランキーは頭が良すぎるんですよね。男性的な考えをするというか。ブーマーは馬鹿で、フランキーが大好きで、フランキーが一言言えば助けてもらえたと信じている。でもフランキーは計算高く、その場の状況を一瞬にして判断して自分には無理だと思ってしまった。そしてそう判断したらもはや動けなかった……でも、それがブーマーにはわからない。見捨てられたように感じるし、今まで散々尽くしてきても何も返してくれないように思える。

フランキーだってブーマーが大好きで、涙さえ浮かべていた。もしかなわないでもフランキーが何か動けば、その後の展開は違ったかもしれない。特にブーマーの気持ち的には違っただろう……でも、それはフランキーにとって「愚かなこと」である。負けるのがわかっていて痛い思いをすることは彼女にはできないのだ。

フランキーFANにはおいしいシーンではございましたが、とても切ない!

こんな展開であれば、ブーマーとフランキーの別れがもうそろそろ起こりそうです。

3話もお楽しみ! ビーの◯◯の死が――

シーズン3はこれからビーが刑務所の主権を握りボスの座を守る立場になるのかと思いましたが、2話目の終わりでは元夫の死が知らされます。さすがウェントワース刑務所、これからもどうなっていくか目が離せません。が、元夫の死は本筋からは関係ないような気もします(笑)

むぴむぴむぴるーん☆